富士山に登ってみた①準備編 40歳女性ひとりで登れるかな?

五人の登山客とMt. Fuiji Climbing の文字

こんにちは!しばみーです。

2017年の夏、突然思い立って富士山に一人で登ってきました
靴など装備もそろっていない段階からのスタートです。

 

結果:一人でも登れたよ!でも富士山なめたら大変だよ!

 

思い立ったところから、富士山登山ツアーに申し込み、登山道具を準備し(靴さえ持っていなかった!)、ヘトヘトになりながらも日本で一番高い山に登りきるまでを書いていこうと思います。

1)「あ、富士山へ行こう。」

思いがけず夏休みが取れることになりました。
旅行のハイシーズンなので海外に行くことは難しい。

 

ということで何をしようか考えていたとき、ふと「富士山に一度くらいは登ってみたいな」と思い立ったのです。

 

休みが急に決まったので一緒に登る誰かを見つけることもできず、行くなら「一人で登る」ということに。

ここで困ったのは、以下のようなことでした。

  1. 山小屋の予約の仕方
  2. 登山口までの交通手段
  3. どの登山ルートがいいのか?
  4. そもそもひとりで登ることは可能なのか?

私は高校時代に山登りを始め、蓼科山(2,531m)槍ヶ岳(3,180m)などに登ったことがある一応の経験者です。

経験があるからこそ、山はやっぱり怖い。一人でなんて、なおさら。

 

なので、最初はガイドつきのツアーを探しました。

2)富士山登山ツアー(ガイドつき)に決定!?

まずはネットで検索

富士山登山道から見た雲海と青い空

ネットで「富士山 登山 ツアー」と検索すると、何社も出てきて悩みに悩みました。

 

何日か見比べるうち、
値段や会社の信頼性(≒ガイドの信頼性)、出発地、登山ルートのどれを優先するか
を決めればいいのかな、と気づきました。

 

悩んでいた、

①山小屋の予約の仕方②登山口までの交通手段④そもそもひとりで登ることは可能なのか?も、ガイドつきのツアーなら

  1. 山小屋→ツアー料金に含まれる
  2. 交通手段→ツアー料金に含まれる
  3. ひとりで登るのが可能か→ガイドがいれば無理のないペース配分を任せることができ、体調に不安がある際に相談できる

 

と一気に解決です。

登山ルートを選択

最後まで悩んだのが③どの登山ルートがいいのか?です。

富士山は、吉田口、富士宮口、須走口、御殿場口というのが四大登山ルートだそうです。

歩行距離などの詳しいデータはこちらが参考になりました。

参考 富士登山の4ルート比較と人気ランキング!2017 富士登山の服装・持ち物・装備の初心者向け準備ガイド2017

ざっくりまとめると、それぞれの特徴は、

  • 吉田ルート:圧倒的人気!→登山道も山小屋も混む。山小屋が多く安心
  • 富士宮ルート:5合目から山頂までの距離(標高差)が短い 岩場が危険
  • 須走ルート:最初に樹林帯 吉田ルートと合流した後は大渋滞
  • 御殿場ルート:山頂まで空いている 登山道が長く山小屋が少ない
ということのよう。

 

旅行会社のサイトには「吉田口が初心者に向いている」など書かれていましたが、私は、悩んだ末に須走ルートにしました。

理由は人気があまりないコースなので空いているかも?と期待したことと、唯一の森林帯があるルートであるということとからです。

渋滞がイヤでこれまで富士山に登らなかった

そもそも富士山にこれまで登らなかった理由は一にも二にも渋滞がイヤだったからです。

 

登山で渋滞って本当に辛いんですよ!

 

疲れ切って息が切れているのに、登山道が狭いと横によけて休むことさえできず。

 

昔、蓼科山に登ったときに頂上付近で渋滞がおき、休みたいのに休めず、前の人の歩くペースに合わせて登り続け、頂上に着いてから30分ほど立ち上がれず息が上がって涙がボロボロこぼれてくるくらい疲れてしまったことがありました。

もうあんな苦しい思いは二度としたくない。。。

 

また、森林帯があることで、その間だけでも日光を避けることができて疲れが少ないかなと思ったことと、少しでも日焼けを避けられるかな(あまり日焼けして休み明け職場に行くのも気まずいし)という思いがありました。

 

ということで、

須走口から登るガイドつきツアーに大決定!
したのですが……

台風が直撃?!

当初予定していた2017年8月15日~16日は台風7号が直撃しそうという予報。。。

数日前にツアーを主催する旅行会社から「台風が来たら中止になる。今なら他の日程に切り替えることができるがどうするか?」という電話が来ました。

 

別日程で私が登山可能な日は、須走ルートのガイド付きツアーは満員だったのです。なので、下記のどちらかを選ばなければなりませんでした。

・ガイド付きがいいなら吉田口ルート
・須走口がいいならガイドなし、山小屋の予約だけするので自分で登る

悩みましたよー。

 

でも、どうしても山の混雑は嫌だった。ノーモア蓼科山(の辛く苦しい思い出)。

というわけで、チャレンジだなぁとは思いつつ、須走口からガイドなしで一人で登ることに決めたのでした。

3)登山の道具を買い集める

女性用の登山靴と、携帯酸素スプレー缶

富士山登山の前に準備した道具

登山靴さえ持っていなかったので、道具を買い集めなくてはなりません。
私が今回購入したものは以下のとおり。

登山靴(トレッキングシューズ)
帽子
厚手の靴下
グローブ(寒さ対策&9合より上は岩場なので)
登山しやすいシャツ・パンツ
スポーツ用下着(汗かいてもすぐ乾くもの)
ヘッドライト
携帯酸素(スプレータイプ)
行動食(カロリーメイトなど)

持ち物に関しては、こちらが参考になりました。

参考 登山の服装・装備・持ち物の準備リスト一覧富士登山の服装・持ち物・装備の初心者向け準備ガイド2017

好日山荘L-Breathには富士登山のための装備リストが配られていました。
もちろん、お店の方に聞いてもいいと思います。

登山用品が買えるお店

登山用品、特に登山靴は登山用品の専門店がオススメです。

靴の大きさ(普通の靴と違い、厚手の靴下をはいてさらにつま先に1センチほど余裕がないと大変なことになる)をお店の人に相談できるからです。

 

何件か回ったので、行ってよかったと思ったお店を紹介しますね。

【実店舗】
カモシカスポーツ:店員さんがとても詳しく、安心して相談できます。
ICI石井スポーツ:こちらでも相談できます。全国にあるようですね。
好日山荘:おしゃれなアイテムを買いたいならこちら。
L-Breath:安かったです。でも相談したいなら上の店舗がおすすめ。

 

【ネットショップ】
さかいやオンラインショップ:安いと有名! 買うものが決まっているなら、ネットで買うのがやっぱり便利ですよね。

これは私の考えなんですが、山の道具はけちらない方がいいです。
もちろん、同じ性能なら安い方がいいですが。

 

寒さ、雨は体力をどんどん奪い、命に関わりかねません。
登山道具で、安いものと高いもの、どちらにしようか悩んだときに店員さんに相談できるお店で買われることををおすすめします。

 

雨が降ったりすると、いい道具とそうでない道具で全然快適さが違いますよ!

レンタルもあるよ

富士山に登った後はもう登山道具は使わないな~という方にはレンタルがあります。

 

私が参加したクラブゲッツでは、ツアーの申し込みと同時に登山用品レンタルの申し込みができます。
レンタルを利用されていた方は、登山口の手前で登山用品を借りて、富士山を降りてから登山口近くで返していました。

 

特に道具で困った様子はなさそうでしたよ。そういう方法もある、ということでご参考に。

次はとうとう「富士山に登ってみた②1日目 土砂降りの洗礼」です!

富士山の、赤茶けた地面と登山道 富士山に登ってみた②1日目 土砂降りの洗礼

2 Comments

現在コメントは受け付けておりません。