ホワイトベルグはヒューガルデンの代わりじゃない

こんにちは! しばみーです。お酒、飲んでますかー?私は飲んでます!

今日は私が大好きどころか、ないと困ってしまうというビールについて語ります!あとビールにぴったりのおつまみも!
※ビール、発泡酒、新ジャンル、いろいろありますが、全て「ビール」としています。

美味しいビール、知ってますか?

2018年現在、クラフトビールが大流行りです。クラフトビール、お好きですか?

しばみー

クラフトビール、実は苦手なんです…

「好きなアルコール飲料は?」と問われたら迷わず「ビールです!生ビールが大好きです!!」と答える私ですが、クラフトビールは苦手なんです。

なぜか?

  • 最初の二、三口以降はクセが強くて飲めない
  • うまく言えないけど味のバランスが苦手
  • 飲み慣れてないので、美味しいと思えない

きっと私だけじゃないと思うんです。クラフトビールが苦手な方。

そんな方で、それでも「ビールの奥深い世界をもっと知りたいんだ…!」というチャレンジ精神にあふれた方には、ベルギービールがオススメです。

 

ベルギービールばかりを飲ませてくれるお店、特にベルギービールの銘柄ごとにグラスを変えてくれるお店なんかはオススメです。

こちらは築地で働いていたときに良く通っていた、銀座のベルギービール専門店。
当時20代前半でしたけど、一人で通っても気持ち良く飲めるお店でしたよ。
参考 ベルギービール専門店 銀座 ベルジャンビアパブ Favori(ファボリ)

このベルギービール店で思ったのは、

しばみー

ビールよりさらに「ビール」なのがヒューガルデンだ!
ということでした。

ビール飲むときに、どういうことを重視します?
「とりあえず一杯目」「のど越しの良さ」「飲みやすさ」とそんな感じではないでしょうか?
その「のど越しの良さ」「飲みやすさ」を二倍(しばみー比)味わえるのがヒューガルデンなんですよ!!!

しかし、ヒューガルデンが飲めるお店は多くありません。瓶で飲めるお店さえ多くないのに、ヒューガルデンの生ビールが飲めるお店にはほとんどお目にかかれない。

そこで私はヒューガルデンがホワイトビールであるということから、ホワイトビール探しの旅に出たのです。ヒューガルデンが飲めないなら、せめて近いビールを飲みたい!

旅の始まりは私が20代前半、それから18年は経過したでしょうか…孤独な旅を続けていました。

ホワイトベルグとの出会い

それは唐突な出会いでした。家の近くにある「まいばすけっと」というコンビニサイズのスーパーのような店のビールコーナーに「ベルギーのホワイトビールに学んだ、オレンジピールとコリアンダーシードが奏でるフルーティーな味わい」と書かれたホワイトベルグがほほ笑んでいたのです(ホワイトビールを探して10年以上の私にはそう見えました)。

 

しばみー

安いし、ダメもとで買ってみるか…

期待を胸に躍らせながらも、期待して裏切られるのは余計に悲しいと、「きっとそんなに美味しいわけではないんだろうね、きっと…」という気持ちでプルタブをぷしっと開け、一口飲んでみたのです。

 

しばみー

・・・なんでこの値段でこのクオリティが出せるの? つか、うまい!!!!!
参考 ホワイトベルグサッポロビール

その飲んだときの感動と言ったら……!!!

ホワイトベルグを作ってくださっているサッポロビールの本社のある恵比寿に土下座したくなりました。むしろ五体投地したい。

ヒューガルデンで感じた「爽やかさ、飲みやすさ、フルーティーさ」がすべて表現されている! それなのに「ビール」ではなく「新ジャンル」だから安い! 安くて美味い!最高!

 

いったいどんな企業努力をすればこんな奇跡が起こるのでしょう?
ヒューガルデンをお店で頼めば1杯1,000円くらいしてしまいます。それが。500ml缶150円程度。

ホワイトベルグ」をオススメしないで何を勧めるんだ! くらいの義務感を背負ってオススメしております。

ビールはこれで決まりですね。冬でも「ホワイトベルグ」、皆さん覚えましたね。

さて次は美味しいビールに合うおつまみにお話ですよ。

台湾の方が「どうしても自国で食べたい!」と思ったおつまみ

少し前にTwitterで流れてきた瀬戸内のおつまみがずっと気になっていたのです。

ことの発端は2016年のこの投稿。

ツイートの投稿主さんの周囲の台湾人を次々に魅了したまるか食品 いか天瀬戸内レモン 」。

まあ、ここで終われば「日本から送ってあげればいいよねー」というお話なんですが、素敵な後日談があるのです。

なんと、かの商品製造元のまるか食品さんが2年越しに台湾のセブンイレブンで販売になったとお返事をくれたそうなんです!!!

この2年の間に、まるか食品さんがどんな風に台湾へのルートを築いていったのか、また台湾の方の熱いラブコールに対してどんな気持ちだったのかを考えると胸が熱くなります……。

というわけで買ってみました!

見た目には特別変わったところはないのですが、美味しいです!これ。
普段あまり「〇〇天」と名のついた衣のついた食べ物はあまり好んで食べないんですが、レモンの酸味がね、あとを引くんですよね…。

油っぽいということはなく、さっぱりした味わいです。これはビールに合うわー。
ので、ビールと一緒にこちらを食べて夕飯代わりということもできます(私はこの夏良くそうしてました)。

これは本当にヤバい!瀬戸内すだち味のり天

いつもどおり、行きつけのまいばすけっとで「ホワイトベルグ」をカゴに入れて、おつまみコーナーを物色していたら、先ほどの「いか天瀬戸内レモン」のとなりに似たような商品が。

まるか食品さんのファンになっていたので、迷わずカゴに入れました。

ちょっと読みづらいのですが、「のり天瀬戸内すだち味」と書かれてます。

「あーこっちはのりなのねー、ふーん」くらいで食べ始めたら!

のりとすだちと天ぷらのハーモニー!
モーツァルトもびっくりの天上の音楽を奏でていたんですよ!

…ちょっと大げさでした。取り乱しました。
でも、本当に「うまっ!」と思わず口から叫んでしまう程のおいしさでした。

パッケージの裏側に書いてあったんですが、徳島の「すだち」は全国シェアはほぼ100%だそうです。知り合いが徳島出身の方で、「阿波の香り すだち酎」を飲ませてもらったりしていたので知識としては「すだち=徳島県」とは知っていたんですが、こういう風に食べ物のメインになれるとは思っていなかったんです。

すだちの存在は、この「のり天瀬戸内すだち味」の切り込み隊長でありながら、去り際もサッと消えていく見事なリーダーっぷりなのであります。

おまけ→ホワイトベルグがなくなったらボタンを押せばいいじゃない!

AmazonのDash Buttonという商品をご存知ですか?

しばみー

あ、洗剤がもうなくなっちゃう!
というときに、ボタンを押すとAmazonにその商品を注文できる、というものなんですね。

私が知っていたのは、洗剤やペットボトルで買う飲料、赤ちゃんのおむつなんかだったんですが、ホワイトベルグにもあるそうです。吉報!

しばみー

あ、ホワイトベルグがもうない! 早く箱買いしなくちゃ!

そんなときにホワイトベルグのDash Button。もう便利すぎますね。
アフィリエイトで稼いだらこのDash Button買おうかな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください