13.商品についたタグを取るだけの仕事【アルバイト体験談】

男性がしゃがんでものを出し入れしている画像

こんにちは! しばみーです。
長い間書けていなかった【アルバイト体験談】ですが、続きを書いていこうと思います。

しばみー

ネタはまだ50種以上はあるよ!

内外学生センター(通称:学徒)や日雇いのアルバイトなどでの経験はまだたんまりとありますので、ぼちぼち書いていきますね。

さて今回は「商品についたタグを取るだけの仕事」という、タイトルだけでは何のことやらさっぱりわからないアルバイトのお話です。

※私が学生時代の経験(20年くらい前)なので、現在の状況とはずいぶん違うと思います。読み物としてお楽しみくださいー。

概要

内容:スーパーに出向き、オリーブオイルの瓶に貼られているキャンペーンのタグを剥がす

時間:9:00~18:00(実働時間は3時間くらい)

時給:1,000円くらい?

期間:土日

向いていると思われる人:大きな声を出せる人、笑顔で人と接することのできる人

アルバイトを見つけた場所:内外学生センター

アルバイトの内容と感想

担当者との待ち合わせ場所は都内某所。仕事内容などを雑居ビルの一角で教えてもらいます。

仕事内容は非常にシンプルで、商品に貼られた終了間際のキャンペーンのタグを剥がすために千葉県のスーパー数件を回ってくる、というものでした。

ベッキーさん(@maruyama3210)がシェアした投稿


こんな風に「ピロッ」とはみ出て貼ってあるシール、これを剥がす旅に出るのです。

しばみー

そんな仕事が世の中にあったのか!

感銘を受けた次第です。

 

ただ、そのスーパーの場所が問題。

都内から電車で片道2時間ほどかかる場所ばかりなんですね。だからアルバイト雇ったんでしょうけど。

 

私がこのアルバイトをした1999年頃は、PHS全盛の時代(お金持ちのご子息・ご息女は携帯持ってましたが)。

スマホもタブレットもないので、暇をつぶせるかどうかがこのアルバイトを楽しめるかどうかの分かれ目。

幸い私は電車に乗ることが大好き(というより自転車でも飛行機でもフェリーでも移動することが好き)で、かつ常に文庫本など本を持ち歩いていたのでそこは問題ありませんでした。

スーパーについたら作業開始

だいたいスーパーの裏手などにある、業務用通用口からお店に入っていきます。

警備員さんのいる受付で、入店理由と社名、名前、連絡先を受付表に書いて業者用のバッジをもらいます。

バッジを左胸につけたら「いらっしゃいませ!」と元気よく挨拶をしながら店内へ。

 

目的の商品の棚に行くと、シールのついたオリーブオイルが20~30本ほど並んでいます。

まずはこれをすべてスーパーのカゴに移し、シールを剥がして棚に戻す、の繰り返し。

スーパーでは手前に古い商品、奥に新しい商品が並んでいるので、順番を間違えないように気を付ければあっという間に作業完了です!

入店から退店まで、所要時間15分といったところでしょうか。ただし、お店から駅まで20分から30分歩くのでそこはガマン。

車窓を眺めている間にチャリンチャリン時給が発生しちゃう

数多くのアルバイト経験を重ねてきた私ですが、この仕事は強く心に残った本当に幸せな仕事でした。

「旅が好き」「移動が好き」「本が読める」

…これらの、大好きなことをしている間にも時給が発生してくれるんです!

行先のスーパーの近くにたまたま友人が住んでいたので、メールを送ってみたり。

気ままに、普段の自分通り過ごしていたらお金が入ってくるというとんでもない仕事でした。

無理やり難を見つけるとすれば、その後まっとうな仕事がバカバカしくなるというデメリットくらいでしょうか…



まとめ

向いている人・向いてない人

誰でもできます!!! 暇な時間が辛いと難しいかな?

収入と得られたもの

2日で1万6千円。得られたものは「肉体的にも精神的にもラクな仕事は確かに存在する」と知ったこと。

総合評価

商品のタグ剥がし
収入
(4.0)
心の疲労度
(1.0)
体の疲労度
(3.0)
移動時間の長さ度
(5.0)
やりがい度
(1.0)
総合評価
(5.0)

もう今はこんなアルバイトはないと思うのですが、あるのならばもう一度やってみたい…。夢みたいなアルバイトでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください