中国語や英語、仏語など翻訳に対応しました! 【WordPress多言語化計画】

こんにちは! しばみーです。
最近、台湾で知り合った方と「晩安!(おやすみなさい)」などSNSであいさつする機会が増えました。

そこで、私が書いたブログ記事をいろいろな国の言葉で読めるように多言語化してみましたよ。

 

なんと15分くらいで完了! 翻訳こんにゃくの時代が来たのね…スゴイ。

でも表示が崩れるんですよー。私の使ってるSANGOというテーマの相性なのか、その点も書いています。

 

【追記】

その後1時間くらいごそごそしてたんですけど、今は結局「Google Website Translator」というプラグイン使ってます。

解説書くまでもないくらい完璧なプラグインでしたよ……(無料)。

これをサイドバーと、モバイル用にはナビドロワーに入れてみました。

本当はモバイル用に下に表示されるフッター固定メニューに「翻訳」って入れたいけど、どうしたらいいかわからない……ひとまず今日はここまで。

 

Google Language Translationを使ってみる

WordPressのプラグインからGoogle Language Translationを検索し、インストールします。

インストールしたら有効化。

ここまで難しいことは何もないですねー

有効化すると、設定のページに移ります。

ここの「Settings」から細かい設定に移りますよー

旗のイラストを入れたり設定しましょう

全部英語! でもひるまなくて大丈夫。

気を付けるところだけ気を付ければ、あとは旗を入れる・入れないとか、挿入する翻訳メニューの形などを選ぶだけです。

 

書かれているのはこんなこと。

Main Settings
Plugin Status:このプラグインを有効化しますか?:

有効化するときはチェック。
Choose the original language of your website:

あなたのWEBサイトの言語はなんですか?(しばみみなら日本語)

Layout Settings
What languages will display in the language switcher?
(“All Languages” option must be chosen to show flags.):

旗のイラストを使いたいならここはAll Languagesで。

Show flag images?
(Display up to 104 flags above the translator):

旗のイラストを使いますか?なので、お好きにどうぞー

Choose the flags you want to display:

プルダウンメニューですべての言語が選べるのですが、旗のイラストを使ってとくに強調したい国にチェック

Floating Widget Settings
右下に翻訳のためのメニューを入れるかどうか、入れるとしてなんて言葉にするか、という質問項目。
私は台湾の方に読んでもらいたいのでTranslateだけじゃなくて翻訳と入れました。
画面の右はじの方にぴょこんと出ているこれですね。
文章

タイトル
Behavior Settings
Multilanguage Page option? :

マルチランゲージモードにしますか? これ、前のバージョンでは「攻撃を受けるかもしれないから非推奨」とありましたので、要注意。
Google Analytics:

アナリティクスを使っている人はチェックを入れてIDを記入しておきましょう。

サイドバーに翻訳メニューを入れよう

まずは外観からウィジェットを選びます。

「Google Language Translator」のウィジェットが左下くらいに増えてます。

いつもどおり、これをサイドバーにドラッグしてドロップ。

サイドバーの一番上に入れてみました。

なんだか見た目がおかしいのは仕様なのか、わかりません。

でもとりあえず翻訳はできるようになりました(これはフィンランド語)。

ショートコードで投稿に入れ込むことができる

これがね、便利だと思ったんです。

投稿ごとにショートコードで翻訳のメニューを入れることができます。

一番上の短いショートコード、[google-translator]をコピーして投稿に埋め込めばOK。かんたん!

投稿に入れてみました。

表示はおかしいですがとりあえず入ってます。

Google先生が翻訳してくれました!

表示が崩れと、スマホではショートコード効いてないみたい

なんだか美しくないんですよね。表示が崩れてしまう。

Google Language Translationのプレビューではこんな感じ。美しい。

実際の表示画面。だ、ださっ…。

あと、スマホだと表示はこんな感じです。

ショートコードで入れたプルダウンメニューは表示されません。

そのかわりFloating Widget Settingsで設定したメニューは出てくる。

もともとのデザインが崩れました!でもこれあると便利だし。困った。

 

ひとまず今は台湾からもアクセスあるのでこの状態でキープしつつ、JetpackプラグインのGoogle翻訳ウィジェットに挑戦します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください