【台湾日記】5日目・九份は埼京線並みの大混雑

夜、赤い提灯の下げられた雰囲気のある茶藝館

こんばんは! しばみーです。

今日は台南市街から台南の新幹線の駅までタクシー(40分くらい)、台南駅(新幹線)から台北駅まで新幹線(1時間40分くらい)、台北駅から瑞芳駅まで台湾鐡道(40分)、瑞芳駅から九份までタクシー(20分くらい)という大移動でした。

つかれたー。1日に2回も茶藝館に行っちゃいましたよ。

九份のタクシーに気をつけろ!

なんかね、運転手が若い男の子だったからちょっと心配だったんです。

乗ってみたら運転が乱暴すぎて死ぬかと思った。

 

山道をうねうね走っていくのに、このドライバーったら運転しながらLINEでテキストメッセージのやりとりを始めたんですよ(# ゚Д゚)!!!

普段使わない顔文字使うくらい腹が立ちましたよ!!!

荒れているので猫と猫の出逢いの画像をどうぞ

だから言ってやったんですよ、「安全に走れ!」て。でも英語が通じない。

すっかり日本人なめてる。

 

だから日本語で「危ないでしょう! いい加減にして!」と言いました。

でも「はー?」みたいな感じ、でもLINEは止めました。

するとそのあとすぐ電話し始めたんですよー。ふざけんなー。

 

本当に危ないと思って、iPadでわざと音出して「パシャパシャ」、ドライバーが電話しながら運転してる姿を撮影。

そのあとに座席に向かって掲出されてるドライバーの顔写真と番号を「パシャパシャ」って。

「警察行くよ!」と日本語で言ったら「あ、こいつヤバい奴だ」と認定されたみたいで「ソーリー…」って言ってました。

 

目的地に着いた後も「ソーリー…」って言ってたよ。私が本気で警察に行こうと思っていたのは伝わったみたい。

まったくー。

あまり気持ちよくない状態で九份にイン!

イモ洗い状態の九份

原宿の竹下通りに、さらにもっと圧迫感を加えた場所が九份かと。

道が狭いのに人が多く、道端に美味しそうな食べ物屋が並んでるからみんな立ち止まっちゃう。

慢性的な混雑状態。しかも流れが悪い。

 

うーん、混んでる…混んでるなあ。

混んでる場所が大嫌いな私は、19時くらいまでは外を歩くのがつらかったです。

 

だから泊まってゆっくり写真撮ろうと思ったのは正解で、でも宿は観光地価格で高かった。

これまで泊まった部屋の3倍くらい出してるのに、日本の3,000円台のビジネスホテルくらいの狭さだった。

壁とベッドでいっぱいの部屋

暖房がついてるって書いてあった気がしたけど、冷房と除湿しかなかったよ。

【追記】→マットレスに暖房がついてました。ほっ

 

全体的に九份はちょっと残念だったな。。。台南をもう一泊増やせばよかったかも。

【追記】→夜の人がいない九份は素敵だった! やっぱり泊まって良かった。

英語より日本語の方が通じるみたい

台湾では、英語があまり通じないなあーと旅の間ずっと感じてました。

知らず知らずのうちに一昨年訪れたタイ・チェンマイと比べてしまっていたみたい。

 

チェンマイは観光客が接する人(お店の人、ホテルの人などなど)は大体英語がペラペラ。

こちらがあまり話せなくてコミュニケーションが取れないくらい。

 

ここ台湾では、英語よりも「こんにちは」など日本語の方が通じるんだ、と最終日前日にやっと気づきました。

「Thank you」というより「ありがとう、謝謝」というほうが気持ちが通じる感じがします。

夜でも外を歩ける安心感

マネしちゃだめですよ? 私、結構夜遅くまで今回台湾で出歩いてました。

遅いときは…23時くらい? 絶対マネしちゃだめです。

 

海外では、夜は出歩かないことにしてるんですけど、台湾の安心感ったらないんです。

地元の人に何度も中国語で話しかけられるという「同じ顔してる」ということの安心感。

 

言葉が違って、全然わからなくてさみしさもあるけど、台湾の人も遊びに来てる中国の人も韓国の人も、みんな同じ顔してる。

これはやっぱり気持ちの上ですごく楽だったなー。

台南から九份に来たら寒い ましてや日本をや

日本に帰りたくないです。なぜなら絶対に寒いから。

やせ細った犬が二匹丸くなっている

台南に続き九份でも寒さにこごえる犬たちを発見。寒いよなー(台北は16度くらいかな)。

君たちはちょっと痩せすぎかもね。

 

ところ変わってこちらの写真のカフェでは、犬が5匹くらい飼われている。

店の外から中から走り回ってガウガウ遊んでると客が集まってくる。

すばらしい看板犬たち。

「謝らないんだよ、めったに」

台南の民泊先、ミスタードラゴンさんに帰り際に中国語を教えてもらいました。

しばみー

中国語で、軽く謝りたいときってなんていうの?
すると
「謝らないんだよ、めったに」
というお答え。

 

「なんかすごくぶつかった(ハードヒット、と言ってた)とか、思い切り足をふんずけちゃったとか、そういう場合だけ謝る。『通りまーす』は別の言葉を使う」
とのこと。なるほどー……

 

たしかに、「すいません」と言って前を通り過ぎるときって、謝る気持ちゼロだもんね。「ちょっと通りますよ」としか思ってないもんね。

簡単に謝らない、うん、いいかも。

なんと明日は台湾最終日

何も決めてません! 天気が良ければ台北101っていう、101階あるシンボルタワーに行ってみようかと思ってたけど、曇りっぽいしなー

占いが好きなので紫微斗数占いに行こうかと思ったけど、予約とかするの面倒でしてないし…

 

うーん。どうしよう。ホテルに帰ってから決めようかな…

夜、赤い提灯の下げられた雰囲気のある茶藝館

今はまだこの阿妹茶楼にいます。

そして夜は更けていく…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください