内外学生センター(学徒)って何?【アルバイト体験談・番外編】

こんにちは! しばみーです。
私のアルバイト体験談を語る上で絶対にここは外せないと思ったので、今はもうない内外学生センターという場所について書きたいと思います。

一言でまとめると「学生向けのアルバイトあっせんセンター」でした。

内外学生センターとは

内外学生センターの歴史・なぜ学徒と呼ばれるの?

大学生の当時、先輩にこんな話を聞きました。

大学の先輩

しばみー、稼げるバイト探すなら“学徒”がいいよ!
学徒? いいバイトな感じが全然しない…

しばみー

“学徒”、というのは内外学生センターの通称で、学生たちの間ではみんなが使っている言葉でした(京都では“学相”(がくそう)と呼ばれていたと聞きました)。

 

内外学生センターとは、当時の名称は財団法人内外学生センターといい、学生交流会館の運営、就職情報の提供、支援基金などを行っている団体でした。
その活動内容の一つが、学生向けのアルバイトのあっせんだったのです。

 

西武新宿線の下落合駅の近くに内外学生センターはありました。

 

なぜ“学徒”なのかというと、昭和20年に設立された動員学徒援護会が内外学生センターの前身だからだそう(今調べて知りました)。

戦争に駆り出された学生たちが、戦後動員から戻った後に困窮していたのでアルバイトをあっせんしたり学生寮のような施設を作ったんですって。へー。

 

2017年現在は独立行政法人日本学生支援機構となり、奨学金事業、留学生支援事業、学生生活支援事業を行っているそうですよー。

参考

内外学生センターの沿革 独立行政法人日本学生支援機構

 

Wikipediaさんの日本学生支援機構 にも内外学生センターのことが書かれていました。

でも、きっと私の時代の後の内容のようで、かなりシステムが違っていました。これから書くのは、私が学生当時の1994年~2000年頃の内外学生センターのお話です。

紹介されるアルバイトの特徴

  1. 日雇いのアルバイトが多い
  2. 比較的時給・日給がいい(20年前に日給1万稼げた)
  3. 銀行振込ではなく、その場で現金手渡しも多かった
  4. 面接がなく、履歴書がいらない

内外学生センターでアルバイトを紹介してもらうには、事前の登録が必要です(ネットに落ちていた情報では、学生証と写真が必要とか)。

その登録さえしてしまえば、なんと仕事の面接がないんです! 履歴書もいらない。

履歴書も面接もなく、すぐに仕事の予約ができるというシステムは本当に便利でした。

 

1日、2日のみの単発のアルバイトが多く紹介されていたので、ゼミやサークルで忙しくて定期的にアルバイトに入れない学生でもアルバイトを探しやすかったです。

 

会社側も広告費がかからず、登録済みの学生のみなので安心というわけか、時給が高かったです。

私が学生だった当時(1996年~2000年くらい)、アルバイト情報誌では時給1,100円(日給だと8,800円)だとけっこう稼げるなあ、という印象でしたが、内外学生センターだと日給1万円以上稼ぐことができるアルバイトがごろごろしていました。

 

1日、2日の単発のアルバイトが多いからか、銀行振込ではなく、薄い茶色い封筒に入ったお給料を手渡しでもらったことも多かったです。

待たずにすぐもらえるのは本当に助かります。。。

アルバイト紹介の流れ

  1. 内外学生センターの内部、掲示板に求人票がはりだされる
  2. 求人票の内容をチェックし、良さそうなアルバイトを探す
  3. アルバイトを申し込む窓口に並ぶ(行列ができる)
  4. 窓口で希望のアルバイトの求人票の番号を口頭で伝える
  5. 定員に達していなかったら紹介状をもらえる
  6. 定員に達していたら別のアルバイトの求人票の番号を伝える

こんな感じがアルバイト紹介の流れです(前述しましたが、Wikipediaの日本学生支援機構に書かれている紹介の流れとは違っています。時代によって変化したのでしょうか)。

 

人気のあるアルバイトの求人はすぐに定員に達してしまうので、内外学生センターに到着後すばやく求人票を確認し、すぐに並ぶことが大事です!

トラブルのあった企業の求人は?

そもそも学生のための組織なので、苦情があるなどした企業の求人には「要注意!」というマークがついているので安心です。

 

この「要注意!」マークのついていたある企業(引っ越し業者)について、こんなウワサがまことしやかに話されていました。

 

ある引っ越し会社のアルバイトは東京都内に集合で1日だけのアルバイト、「交通費は日給に含まれています」という条件でした。

それが、東京から大阪まで連れていかれて現地解散だったとか……。真偽のほどはわかりませんが、とりあえずその会社のアルバイトに応募はしませんでした。

 

「要注意!」マークの何に注意したらいいのか詳細はわかりません。でも、とにかく注意が必要と事前にわかるというのはありがたいです。

求人票は早い者勝ち

大学名、個人の資格、能力は全く関係ありません。

内外学生センターのアルバイトは、受付で求人票の番号を早く言えた人がアルバイトをする権利があります。

 

狙っている仕事が定員になってしまうと、自分の仕事がなくなってしまうので、皆必死です。

窓口が開く頃になると、だんだんと空気が殺伐としてきます。これこそ学徒です!

受付嬢は不愛想

窓口が開いたら、あまり愛想の良くない受付の人に求人票の番号を伝えます(とにかく全体的に殺伐としているから、愛想が良くないのは仕方ない)。

定員に達していなかったらアルバイトのあっせんが決定し、紹介状を出力してくれます(紹介状、というシステムはなんだかハローワークっぽいですね)。

 

窓口の方は、紹介状を渡しながら「ここに書かれている連絡先にすぐに電話して、登録の番号を伝えてください」とお話してくれます。

紹介状をもらっただけでは確定ではないので、きちんと紹介先と話して確定してくださいね、ってことだったんでしょう。たぶん。

窓口に行って希望の求人票が定員だったら?

窓口の行列を並んで待っていたら、自分の希望する仕事が定員に達していて申し込めない、ということもあります。

あわてず騒がず第二希望の求人票の番号を伝えて、後は同じです。

 

万が一自分の調べてきた求人票の番号がすべて定員に達していたら、残念ながら求人票を探すところからやり直しです。

アルバイト先に連絡

内外学生センターの外になんとなく広場があり、そこからPHS(時代!)で会社に連絡を取ります。

しばみー

内外学生センターで紹介されたしばみーと申します
しばみーさんですね。連絡ありがとうございます。

当日〇月〇日は会社に直接来てください

アルバイト先の方

と、あっという間に仕事が決まります。

このとき、大学名とフルネーム、PHSなどの連絡先を聞かれました。

 

というのが、内外学生センターのアルバイトの紹介の流れです。

一般のアルバイト契約までの流れはこんな感じかと思います。

  1. 電話で連絡して面接日を約束
  2. 面接を受けて返事を待つ
  3. 採用なら電話で出社日を確認
  4. 不採用ならアルバイトをまた探すところから…

こうやって考えると、超短期で割のいいアルバイトがかんたんに見つかりやすい、内外学生センターのアルバイトはとても魅力的でした。

 

割がいいけれど、変わったアルバイト(今後もしばみみでたくさんご紹介します!)や、体力を酷使するアルバイト(男性はだいたいこっち系)が多かったように記憶しています。

 

女性はあまり好んで内外学生センターのアルバイトは行っていないようでした。窓口に並んでいる子も少なかったし。

多分雰囲気が殺気立っていたことが関係しているように思います。。。

内外学生センターの魅力

私にとっては魅力だらけの内外学生センターですが、その魅力を3つにまとめるとこのようになります。

  • 給料の良さ
  • スピード内定
  • バラエティーに富んだ仕事内容

1日1万稼げる!

肉体労働ではなくても、1日の日給が1万円を越えるアルバイトがあり、大変に助かりました。

アルバイト情報誌が1冊200円ほどの時代だったので、そこにお金を使わずに無料でアルバイトを探せるのも、当時としては本当にありがたかった。

スピード内定

仕事の情報(求人票)を見つけて「このアルバイトにしよう!」と思ってから、アルバイト先の人に連絡するまで1時間しないくらい。

内定まで時間がかかると、その分働くことのできない空白期間ができてしまうのでこれまた助かりました。。。

 

あと、アルバイトであれ、不採用だと少なからず凹むんですよね。紹介されたら即採用! というアルバイトのありがたさよ。

バラエティーに富んだ仕事内容

実演販売、ゴミの分別、パン工場の夜勤、名簿業者の仕事などなど、アルバイト情報誌には絶対ない仕事内容のアルバイトが多数ありました。

「仕事内容」と書かれているところを読んでもさっぱり仕事内容がわからず、わからないまま応募すると面白い仕事に出会える、といった具合です。

面白いアルバイトをたくさん経験したかった私には本当に夢のような場所でした……。

最後に

私の他にも内外学生センターのアルバイトを懐かしく思い出しながらブログを書いている方がいらっしゃったので、ご紹介しますね。

参考

さようなら、学相バイト秋霜静話

参考

ぶらり街歩き ~ 新宿3丁目登山、山歩き、夫婦くるま旅のブログ

 

今回は、インターネットのない時代の、とても素敵な場所・内外学生センターのことをご紹介いたしました!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください